前へ
次へ

美容に関する学校について

美容に関する資格や仕事はたくさんあります。
ここでは専門的な知識や技術を学ぶことができるようになっています。
とくに美容に関連する学校としては美容師養成施設があります。
ここは厚生労働省が認定した学校となっており、ここを卒業して実施されている試験に合格をすれば資格を取得することができます。
専門学校といわれているところが多く、2年というのがほとんどとなっています。
基礎的な知識だけではなく技術もしっかりと身につけることができます。
そして衛生や接客の方法や薬学などに関することも学ぶようになっています。
メイクや着付けに関することを学ぶことができるところもあり、学校によってさまざまな特徴があります。
したがって自分にあったところを選ぶと言うことが大切です。

なりたい自分めざしての美容学校選び

美容関連の職につくときは、美容専門学校を出る必要があります。
といっても数多くの種類の学校がありますので、ご紹介しましょう。
まずはさまざまな科目がそろう総合校です。
一方、エステや美容・理容師、ネイルアーティストなど専門分野に特化した学校と、多岐にわたります。
また、プロのモデルになるためのコースも増えています。
授業の内容は手に職をつけるための技を学ぶので義務教育とはちがいます。
実技を習得する「実習」、歴史や文化、カラーコーディネイトなどの知識を身につける「講義」、学んだ技術を披露する「コンテスト」、ニューヨークやパリへ行き自分の目で最先端の技術を体験する「海外研修」などそれぞれ特色があります。
もし、美容師をめざすのなら、国家試験を受けなければなりません。
厚生労働省が認めた専門校で、2年間勉強したのち学科と実技の試験が受けられます。
その場合は国家試験に向けての勉強も授業に入ってきます。
数年間でたくさん学ぶことはありますが、この業界で働くための最初の一歩ととなるでしょう。
自分の目指したい将来を描いて、どんな学校を選ぶかじっくり考えるとよいでしょう。

Page Top